学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」
JP | EN

介護する人もされる人もハッピーな認知症ケアを実現したい

月額支援型 academist Prize 2nd 採択

石坂晴奈

千葉大学、博士後期課程3年

挑戦期間

2022/11/01 - 2024/03/29

最終活動報告

2024/01/31 18:59:27

活動報告

43回

サポーター

22人

経過時間

2022/11/01 10:00:00

うまくいかないのは、酸素が足りないから?【生活の知恵③】

こんにちは、いしざかです。
いつもご支援をいただき、ありがとうございます。

今週もお疲れさまでした。
一昨日Twitterスペースで放送事故を起こして少しへこみましたが、お風呂に浸かってリフレッシュしました。

お仕事にしても日常生活にしても、リフレッシュって大切ですよね。
そこで今日は、リフレッシュのひと工夫をお伝えしたいと思います。

私が思うリフレッシュの原則は、【全身に酸素をいきわたらせる】です。

ずばりやってもらいたいことは、
・部屋の換気
・深呼吸
・ストレッチ

換気は、言わずもがな部屋の空気中の酸素を増やすため。
目の前のことにのめりこむと、ついつい部屋の換気を忘れてしまいませんか。

その入れかえた空気を、深呼吸することによって肺に届け、酸素と二酸化炭素を交換します。
そしてストレッチをすることで、筋肉を動かして全身の血管を広げます。
こうすることで、全身のすみずみまで細胞の換気が促進されます。

すごくシンプルですが、私は「なんかはかどらないな~」と思ったら、「換気換気…」とつぶやいて窓を開けるようにしています。

同じ場所にずっといると、そこの空気がよどんでいることに気づきにくくなります。
ですので、一度外の空気を吸いに行ってみるのもおすすめです。
戻ったときに、部屋の空気のよどみに気づけるなんてこともあります。

不調なときには、もしかして酸素が足りない?と思い出して、ぜひ試してみてください。

それではまた。

2022.12.10
いしざか

Haruna Ishizaka 2022/12/10 14:43:27
シェアして応援!
このプロジェクトは月額課金型のクラウドファンディングです。ご支援いただいた月から毎月末日に決済が発生いたします。
お支払いについて
お支払はクレジットカード(VISA, Mastercard)をご利用頂けます。
セキュリティについて
当サイトは SSL 暗号化通信に対応しております。入力した情報は安全に送信されます。
330 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

16人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

1,100 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

5人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

3,300 円 (月額/税込)
活動報告閲覧権

1人が支援しています。

(数量制限なし)

支援する

注目のプロジェクト一覧
Copyright © academist, Inc. All rights Reserved.